ブログ

受験生必見!効果的な記憶法⑤選別記憶

 勉強も、やればやるほど良いというわけでは有りません。「余計なことをやらない人が勝つ!」受験界には古くからこんな格言があります。忙しい部活に入りながら、あるいはバイトをしながら合格する生徒は、決して無駄な勉強をしません。無駄な勉強の対象は大きく二つに分類できます。

(1)試験に出ない事
これは当然のようでは有りますが、受験生が一人でこれを実践するのはおそらく不可能でしょう。自分の目指す大学がどういう傾向の問題を出し、どんな知識を問うてくるのかは、精密な過去問の分析が必要ですし、そんなことを自力でするほど暇では無いはずです。素直に塾や家庭教師にお任せするのがベストです。勿論どんなに分析をしても100%出る、出ないと言い切れる知識は有りませんが、だからと言って傾向や確率を無視するのが非効率的であることも当たり前の話ですね。

(2)既に定着している事
数学の計算問題、英語長文の読み慣れ等、出来ることを繰り返すことに価値が有る学習も有りますが、知識を問う学習であれば、既に定着していることを繰り返し学習することは価値が有りません。そしてこれは(1)とは逆に、自分で出来る(むしろ、自分にしかできない)対策です。練習問題をやって、全部解けたら、その時間が無駄だったと落ち込めたら、合格は近いです(笑)
勉強とは、知らない知識を増やしたりそれによって新たな発想を得る事ですから、知っていることを再確認することは勉強では無いのです。
そしてこれを実行するためには、自分が今何を分かって、何が分からないのかをしっかり把握しておくことが肝心です。
覚えない努力も、大切な記憶法です(打てる球しか振らないイチローの選球眼のように♬)

関連記事

  1. 受験生必見!効果的な記憶法⑧復習は必ずアウトプットで
  2. 学習法で飛躍する!3整理記憶と誘引記憶  
  3. 歴史を動かしたコーヒー
  4. 学習法で飛躍する!2記憶は学習のスタート
  5. 受験生必見!効果的な記憶法➁短期記憶の形成
  6. 学習法で飛躍する!4思考から関連性の発見へ
  7. 受験生必見!効果的な記憶法⑥語呂合わせ
  8. 受験生必見!効果的な記憶法➃整理記憶
PAGE TOP