ブログ

厳しくしかれる大人は周りにいますか?

「最近の若い者は、、」という嫌味は平安時代から言われていたようです。大人が自分の価値観を、新しいものを生み出そうとする若者に押し付けていることは1000年以上も前から変わらない大人の態度だったようです。
しかし、現代社会ではそれが逆転してきています。上司がパワハラを恐れ部下を叱れなくなったり、教師が生徒を叱ることにも躊躇し、むしろ気を使わなければいない時代の到来です。子供を厳しく叱れる大人が、減ってきているのです。
私も、授業は基本的に楽しくやるべきだと考えています。
しかし同時に、勉強を通して競争の厳しさを教え、大人への自覚を促すことも必要だとも思うのです。ただ、多感で自立心が芽生えている時期に親御さんの「勉強しろ」は存在が近すぎるがゆえに逆効果にさえなりがちです。
それならば、課題をこなさず遊んでいたり、自分で立てた目標を途中で諦めたり、約束を守らない時に、厳しく叱れる教師の存在は、今こそ必要ではないでしょうか?大人が模範となる態度を示すことで、子供も「キレる」と「叱る」の分別がきちんとつくのではないでしょうか。

関連記事

  1. 受験生必見!効果的な記憶法⑤選別記憶
  2. 歴史を動かしたコーヒー
  3. 受験生必見!効果的な記憶法➁短期記憶の形成
  4. 学習法で飛躍する 学習法で飛躍する!5集中力を知り、磨く
  5. 受験生必見!効果的な記憶法⑧復習は必ずアウトプットで
  6. 受験生必見!効果的な記憶法➃整理記憶
  7. 学習法で飛躍する!2記憶は学習のスタート
  8. 受験生必見!効果的な記憶法⑦手続き記憶について
PAGE TOP